リンス 効果

リンスの効果と抜け毛の繋がり

 

洗髪の際に、シャンプーを使う人が多いですが、シャンプーのあとにリンスを使っていますか。男性の場合、髪が短い方の中には使わない人もいるようですが、どんな役割があるのでしょうか。そもそも、リンスやコンディショナーというのは髪の毛をケアするものです。髪は紫外線や乾燥、汚れによって痛んでしまい、髪の表面が剥がれてパサパサしてしまうことがあります。

 

シャンプーで汚れを取り除いたあとに、リンスで髪にコーティングすることで、サラサラになるのですが、使わないとコーティングがありませんので、髪が乾燥しやすくなり、傷つきやすく切れやすい状態となり、痛んだ髪になるのです。ヘアパックやトリートメントは髪の内部に水分や油分を浸透させて、髪をケアするタイプになるのです。

 

リンスを使うほうが抜け毛になりやすいという情報もありますが、リンスによって頭皮に油分が残ってしまうことや、毛穴に詰まってしまうことが原因と言われています。頭皮にリンスをつけないようにして、しっかりすすぎを行うことで、本来の目的が果たせるようになるのです。

 

また最近ではウーマシャンプーのようにリンスを必要としない頭皮シャンプーも販売されています。リンスが心配な人は、リンスのいらないアミノ酸系のシャンプーがお勧めです。売れ筋だとウーマシャンプーやアルガンK2シャンプー、リマーユ、プレミアムブラックシャンプーとかですね。これらとM-1ミストを併用するのは、個人的にかなり気に入っている育毛法です。